2010年01月24日

オートレース

ギャンブルの中でも、はっきり言ってあまり注目を浴びないのが「オートレース」です。

一時は、元SMAPの森且行がオートレーサーに転向するということで話題になったのですが…、いまいちブームに火がつきませんでしたね。

オートレースとは、競馬・競輪・競艇などと根本的なしくみは変わりません。

8車(あるいは7車)のオートバイに選手が乗って、1周500メートルの楕円形のコースを左回り(反時計まわり)に6周(大きいレースでは8〜10周)して着順を競うレースです。

コースの幅は30メートルあり、コースには傾斜がついています。

この傾斜がポイントで、傾斜によってスピードが出るので、迫力あるレースを見ることができます。

コースの表面は舗装されていますが、舗装方法は各場で違うので、選手によって得意なコース、不得意なコースに分かれるでしょう。

オートレースで面白いのが「ハンデ」がつくところ。

早い選手にハンデがつく「ハンデレース」では、選手の実力やランクに合わせて、10メートル単位でハンデを設定します。

実力差がある選手同士の戦いでも、見る側にとってはかなりエキサイティングな白熱したレースになりかなりの見ものです。

レース開催中には、有名なお笑い芸人のライブやアイドルのショー、賞品付き優勝者当てクイズなどが行われるそうなので、100円の入場料で楽しめるスポットとしていかがですか?
posted by tomo at 23:18| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

宝くじはギャンブルか

誰もが一攫千金を夢見る「宝くじ」。

きっと一度は購入した経験があるでしょう。

そもそもこの宝くじはギャンブルなのでしょうか。

宝くじはあまりギャンブルとしてとらえられていないかもしれませんが、仕組みから見ればれっきとしたギャンブルです。

ただ、還元率は驚くほど低いんですけどね。

宝くじの還元率は、全体から集まったお金の総額のうち48%が購入者へ分配されるという決まりがあります。

つまり、残りの52%は宝くじ協会の利益や経費になっているというわけです。

300円の宝くじを1枚購入したとしましょう。

この300円の宝くじを、還元率にあてはめてみると、宝くじを購入した瞬間に156円失っていることになるのです。

宝くじは高額当選がウリなのでつい見逃しがちなのですが、基本的には絶対に損をする仕組みになっているのです。

このような損なギャンブルなのに、なぜみんなこぞって買うのか…。

やはりそれは、夢を追い求めたいからですよね。

宝くじの収益の一部は寄付に回され、社会の為に使われますし、なによりも夢があります。

夢の持ちにくい時代に、庶民に夢を与えるツール。

それが宝くじなのでしょう。
posted by tomo at 04:20| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

究極の複勝馬選出法

商材内容 :本命・穴に関係なくもし75%の確立で3着以内に入る馬が1頭〜3頭に絞れたとしたら・・そんな夢のような方法が簡単にわかる【究極の複勝馬選出法】


価  格 :18,000円

詳細はこちら
究極の複勝馬選出法


□■□■□ 感  想 □■□■□

この商材はある統計学を利用して確率を出す商材です。

レースを見ていて、3着以内に入る馬が75%の確率で予想できたら、きっと誰もが競馬での収益をあげることができますね。

それがこの商材では可能になるのです。

ここで教えてもらった知識を持って入れば、インターネットや場外馬券売り場、あるいは競馬場など、レースが始まる前に3着以内に入る馬を予想することができます。



ただし、前日に友達に頼んでおくということや、朝にその日の馬券一括購入では意味がありません。
つまり、レースが始まる直前だから予想がつくということなんです。

もちろんG1などのメジャーなレースだけでなく、地方競馬でも効果がありますから、地方競馬をする人、場外馬券売り場でしか購入しない人にも効果がありますね。

かといって、すべてのレースを予想して買うわけではありません。

複勝馬を選ぶ方法や、見送るレースの選び方のノウハウも教えてもらえます。

では、この商材を買った人が同じレースを選び同じ馬を買うかといったらそうではありません。



自分なりに、勝ちのパターンを見つけることができるので、他の人とかぶるということもありません。

少し頭を使いますが、報酬を得るには、それも必要なことでしょう。



詳細はこちら
究極の複勝馬選出法


総合得点 :60/100点

わかり易さ:4★★★★

専 門 性:3★★★

信 憑 性:3★★★

お買い得感:3★★★


詳細はこちら
究極の複勝馬選出法
posted by tomo at 11:08| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。